2019年3月23日巨人VSロッテ 課題はやはり中継抑え!

ジャイアンツファンの皆さんこんばんは!開幕直前です。果たして原ジャイアンツは優勝出来るのだろうかここまではセリーグのみとして考えると上々の成績をなんとか保っている。ヨシノブ監督の時と大きく違うのが発する情報が多いこと。一連の原監督のリップサービスに聞こえなくはないが合えて言うならばさしずめ自軍への鼓舞何だろう。声を上げることによって士気を高めて行く。多分心の隅に自信があると思う。これだけの金を使って助っ人やFA選手を取り昔なじみの選手をコーチに迎え、かつて輝いていたろう野球を思い出させて若い奴らに継承させようとしている。伝統の巨人軍を復活させようとしているのだ。それ故に無様な野球は出来ないんだぞと言う覚悟を決めて戦うと思います。私自身も期待を込めて今までのような応援は出来ないが可能な限りドームに足を運びたいと思います。もちろんドーム以外も機会があれば絶対的に行きます。もちろんブログも書きますので今シーズンもよろしくお願いします。それでは試合を振り返りたいと思います。
ジャイアンツ先発は日本のエース菅野智之。菅野は3回を変な外人に一発を食らった。とにかく手も足も出ない完璧なピッチングをしているのに一発に泣く。我慢比べのピッチングも自軍の援護がなく力尽きる。こんなパターンで負ける事が多々ある。菅野も人間なので好不調は有る。ボロクソ打たれる事もある。優等生菅野は人のせい〈打撃陣〉にしない。それが打撃陣との絆である。今シーズンはこの絆がフルに保てるかどうかがカギでそれが出来れば20勝は確実にクリアーするだろう。そして問題は中継ぎ陣である。使えないバカ外人はクビになり、マシソンは今シーズンは使えない=クビ。ヤングマンやクックでは押して知るべき悲惨な結果が待ち受けている。ましてや盛上げるだけの使えない上原なんぞ持っての他で使ってはならない。だが敗戦処理ならOKです。セットアッパー、ストッパーで今年も頭が痛いだろう。それから吉川は上原よりもっとひどいので来年は要りません。今シーズンは二軍で頑張ることになるだろう。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

それから打撃陣ですが長野の代り丸が来たが長野の代わりにはなるはずがない。役割もそうだがスタイルがまるで違う。長野と同じ打順〈下位打線〉で使うなら脅威ではあるがクリーンナップでは他球団からしてみれば誰でもいいわけで丸だからと言うのはない。2番坂本では坂本が活きない。3番が坂本で2番が丸である。昨年は丸で5敗しているがそれが5勝になるだろうか?答えはノー。移籍していきなり打てる奴などそうはいない。ましてや巨人となると注目度が違う。満員のなんちゃらスタジアムとはその規模が違う。だが額面は働いてもらわないと困るのである。3割3分で30本ノルマである。でないと昨秋のシーズンシートオーナー感謝祭でお土産がマカロンと言うオーナーをなめてた暴挙が再び始まり大金を使いかねない。原の手腕をマジで期待したい。心からお願い致します。それから春の珍事と言うべきか陽が当たっているが皆さん信じてはいけません。亀井は昨年が出来すぎだったので今年は少し間引いた方がよさそうだが、テーマ曲を前に戻したハジーは好感が持てる。
キャッチャーは小林が一歩リードかなと思うがバッティングが魅力の大城も捨てがたい。吉川や田中は次世代の選手だ。足は最大の武器である。他球団は最も警戒しているのはこの人たちだろう。ファーボールがあっと言う間にツーベースになり得るのだから。足を絡めた展開に持っていければ巨人、今年は侮れないと思ってくれるのは間違いないだろう。岡本は体が変わったHRバッターっぽい。HRもそうだが四球が多くなったら本物だ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


それからここで一つモノ申したい。それはロッテの応援である。去年も事あるごとに文句を言ってきた。何回見ても辟易してしまう。そういうやつらと言ってしまえばそうだが、あまりにもバカである。牽制すればブーイング。ランナー出ればリーリーと大声を上げる。ピョンピョンはねてウザいし黙って見てろ!!と言いたいです。でもその応援の統率力とスタイルは前にジャイアンツもご教授されたと聞いている。見事なものと言わざる負えないが失礼極まりない応援で有る事は誰の目にも明らかである。その応援が選手にとってプラスに働いているかは一目瞭然で迷惑であると断言する。考え直してもらいたい。

結局何だかんでいって負けてしまえば犬の遠吠え的なブログとなってしまう。絶対ロッテにだけは勝ってもらいたいのであります。さて明日はきっちりオープン戦の最終戦を勝利で飾り開幕に向けて準備万端としてもらいたいものです。原監督よろしくお願いします。

それでは明日の勝利を願いまして~~~~

レッツゴーーーーージャイアーーーーーンツ

和と動

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック