11月11日 侍ジャパンVS MLB 東京ドーム最終戦

全国の侍ジャパンファンのみなさんこんばんは!本日で東京ドーム3連戦が終了しました。結果は2勝1敗と勝ち越しです。まあまあ今シーズンの実績が有る選手が来日してきたのだろうが物足りない。それはやはり投手がイマイチだからであろう。メジャーなのでバッティングに関しては力の差は一目瞭然。打球の速さやスイングスピードは20m程離れた所でもブンと言う素振りの音が聞こえる。侍ジャパンもそう言う選手は居るだろうがパワーもさる事ながら技術で上回っている分互角に戦えるのだろう。もしメジャーの一線級の投手で有れば負けていたと思います。
画像
画像

画像
画像

それでは試合を振り返ります。侍ジャパン先発は多和田、メジャーはバーロー。序盤に5失点と苦しい試合展開でした。良いピッチングをしていた多和田だが80球近くで打たれてしまった。もう代えても良いだろうと思った所で続投が裏目に出てしまった。監督経験が浅いのと試合の読みが甘いのが大量失点につながった。お遊びの試合だがつけ込む隙を与えてしまった稲葉の采配ミスでした。WBC本番では許されない采配なのでもう少しとかこの回までとか言ってるようでは負けてしまう。今回のミスをよく肝に命じてもらいたい。
画像

バッティングの方は10安打を放ってメジャーよりも打っているがここと言う時にチャンスをモノにできなかった。打線は余り心配はいらないと思うがWBCやオリンピックでは様子がガラッと変わってくるだろうと思う。昨今はパリーグの方が強いと言われ良い選手が多いがどうしても稲葉ではパリーグ寄りのチーム編成となる。それが悪いとは言わないが平均的に能力を揃えるのも必要だろうと思う。そういう意味で辞退選手が多かったので編成が大変だったと思いますが逆にこのメンバーで勝てるのならベストメンバーが揃った暁には物凄い期待感が溢れるでしょう!
結局、負けてしまいましたが序盤の失点がもう少し抑えられただけに残念な敗戦となってしまいました。野球は個々の能力パフォーマンスも大事ですがやはり采配が大事なんだと言うのが皆様もお分かりになったと思います。
残り試合がもう少し有りますが何とか勝ち越してシーズンを終わって後味良く、休んで貰いたいと思います。
また今回は侍ジャパン中心に画像をアップしたいと思います。次回はおまけとしてメジャーの画像をアップするのでこちらもお楽しみに
それではまた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック