2018年CSファーストステージ  ヤクルトVSジャイアンツ

ジャイアンツファンの皆さんこんばんは。横浜のへぼなチームのおかげで半ば諦めていたCSの出番が回って来たのですが神宮球場では分が悪い。前は菅野やマイコラスが滅多打ちを食らってあえなくジエンド。慎之助が打ちまくったがヒットばかりでつながらなかった。そしてくしくもその直後に原監督が坂本と阿部に辞める宣言をした。そして由伸にバトンタッチとなった。そして今年は逆のパターンで来年は原の復帰となる皮肉な展開になってしまった。巷では由伸のためになんて言っているがそんな見せかけの口だけの話はいらなくて男は黙って今あることに集中して試合をすべきです。そして采配さえ由伸が的確にやれば難なく勝てる相手であるのは確かなわけです。そして巨人的に苦手な小川をどう攻略するか?いかに落ちる球を捨てセンターから右方向に打ち返すか。それといつもはイケイケで初球打ちをするバッターは罰金(笑)必ず3球以上投げさせる。打線はどうかと言うと
1.坂本
2.田中
3.マギー
4.岡本
5.阿部
6.長野
7.陽
8.小林
9.投手は右ピッチャーが理想。左は中継ぎ。
菅野は第2戦か3戦だ。初戦に投げさせると後のピッチャーは打つのが簡単になってしまうので初戦負けたからと言ってもそれは想定内と考え慌てない。ココと山田は変に勝負に行かないのが鉄則です。特に左投手は打たれる可能性が非常に高い。菅野以外の投手は5回で大体替える。あとは小刻みに替えて的を絞らせない。ほんとに勝ってやる気があるなら後先を考えずにもう何でも使う宣言を由伸は事前にミーティングでいうのがいい。がむしゃらに最後ぐらいみんなやって欲しいのである。納得のいく試合をファンに見せるべきと言いたいのである。これだけやったんだからと納得させて欲しい。
そして最大の敵は神宮に集まるマナーのないヤクルトファンの異常な歓声と変な掛け声にある。この異様な雰囲気に前回は飲み込まれ冷静さを無くしてズルズルと得点されて負けたのである。選手は冷静に構え打つ。投手は投げ急がず集中すること。8割方ヤクルトファンだろう。我々ジャイアンツは肩身が狭くなるが冷静に見守りたい。私は日曜のチケットは手に入らなかったが後はゲット出来た。間違いなく第3戦まで行くので月曜日はプラチナチケットとなる・ジャイアンツファンの方ファイナルに行くのをこの目で見届けられるようにチケット買って神宮に集結する様にお願いします(笑)


それではまず明日の初戦。ジャイアンツファンんは負けることを前提に冷静に見ましょう。慌てず・・・・・

ジャイアンツのCS突破を願いまして------
レッツゴーーーー   ジャイアーーーーンツ

突破

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック