9月30日 巨人VS広島 今季ドーム最終戦勝利で終了

ジャイアンツファンの皆さんこんばんは。終わり良ければ全て良しとは言えないが先ずはホッとしたと言うかCSに向けてクビの皮一枚繋がったと言うべきだろうか?負けて貰ったと言うのは失礼かも知れないが広島的には横浜よりもジャイアンツの方が簡単で戦い易いので内心は上がって来て欲しいのはジャイアンツに違いないのである。策士のラミレスよりも由伸の方がいいに決まっている。そう考えると横浜には意地で勝たなければならない。総力戦になるだろうと思う。逆に横浜は不利である。本気になってかかって来られたらまず勝てないだろう。もしかってしまったらジ・エンド。ジャイアンツは終戦となります。
画像

画像

画像

画像

画像

ドーム最終戦という事で例年試合後にセレモニーがあり監督挨拶。そして今年は杉内の引退セレモニーまた恒例の監督コーチ選手のサインボールの投げ入れと行事がある。だが残念ながら台風の影響で交通機関が早々とストップしてしまう。帰れなくはないが早々とドームを後にする事にしました。以前ほどサインボールには執着心が無いし由伸の負け言い訳は聞きたくない。まあ試合でも振り返るとしましょう。
ジャイアンツせんぱつはメルセデス、広島は大瀬良でした。好投はするが今ひとつ勝ち切れない。大瀬良にはよくやられている。両投手7回3失点。五角のピッチングでした。投手が両チーム交代してからが勝負となりました。畠が珍しく粘りのいいピッチングをしたのがサヨナラを演出したと思います。130球近く投げていた大瀬良だが球数がもう少し少なく完投ペースであったら負けていただろうと思う。
画像

画像

一方打撃陣に関しては最後に意地を見せてくれました。中崎は31Sを上げているとはいえ、以前のようなキレは無く攻略が難しかった頃に比べると幾らか簡単だ。そして長野のサヨナラ打。やっと後半本来の勝負強さが出て来たが時すでに遅しと言う長野の活躍が何かもどかしい。11安打を放って打撃は好調。後はうまく噛み合ってくれるだけなのです。勝って何とかCSに進出してもらいたい。
画像

画像

画像


それでは次回の勝利を願いましてーーーー

レッツゴーーー ジャイアーーーンツ


突き進め

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック