9月29日 巨人VS広島 逆転競り負け

ジャイアンツファンのみなさんこんばんは。圧倒的に負けまくっている。広島2連戦で今シーズンのドーム本拠地が終わるのは憂鬱なカードだ。これほど悲観的な言動しか出てこないのもどうかしてる。それぐらい力の差を見せつけられている。誰が悪い訳でもないと言いたいが由伸筆頭の首脳陣にフロント勢彼らの責任は重大だ。何だかんだ言って個々の選手の能力に依存されるがやはりそれを動かす力が必要だ。
画像

画像

と言う事で試合を振り返りたいと思います。ジャイアンツ先発は今村。広島は戸田でした。戸田に関しては広島的にはもし勝ったら儲けものぐらいな感じだったろう。仮に5点ぐらい取られてもカモの抑え陣を打ち込む自信が読めて取れる。一方ジャイアンツの今村は今シーズン少し化けたが上位相手では物足りないピッチングです。コントロールが悪いのでとにかく球数が多い。5回で100球近く投げればそりゃ打たれる。広島相手では小手先のごまかしが効くわけが無い。全く話にならないピッチングでした。がしかし今村よりももっと更に呆れるのがアダメスである。気になったのは僅か2球で汗を拭っていた。緊張の脂汗が出てたんだろう。これではメンタル弱すぎ。ピンチをチャンスと前向きに考え楽しむぐらいじゃないとジャイアンツではやっていけない。何なんだろう毎回毎回、学習能力のへったくれもないお粗末さで苦笑いすらも出て来ず怒りさえも呆れて出ないぐらい。使えねーなって思う。このままお引き取り願います。この二人で7失点。勝てる訳ない。最後は敗戦請負人の山口が打たれいつものように終了。何も言えない。
画像

画像

画像

一方打撃陣はいくら打っても打っても追いつかれたんじゃモチベーションが下がる一方だが頑張って追いついたのは評価できる。気を吐いた坂本もらしいHRが出たのは良かったと思います。坂本はレフト方向の引っ張りで好不調が分かる。ライト方向のバッティングでは攻めたバッティングではない。
この試合のポイントは4回表、小林が盗塁阻止、亀井が本塁阻止大きなプレイだった。なのに次の回滅多打ち。更に策士の緒方も亀井の本塁送球をリクエスト、見た目完全にアウト!何の意味があるのか時間の無駄である。この制度気持ちは分かるが試合時間短縮を勧めているNPBの意に反している。頭の固いおっさんの考えた悪しき制度としか思えない。それよりも捕手がマウンドに行って話すことの方がよっぽど大事で、すぐ周りのバカ審判がこぞって早く帰れと促す。大事な場面勝敗のカギを握る場面が多いのに簡単に考えすぎていないだろうか?今更言っても仕方ないが故き良き時代が懐かしい。
画像

画像

画像

画像

それから、すぐ斎藤が出てくるのも気に入らない。しっかり投げろ!いい加減にしないと2軍に落とすぞこの野郎!ぐらいな事言わねーとわからない奴らばっかりなんだから。首脳陣甘すぎる!
ちょっと話が脱線しました。申し訳ないです。結局1点差負け。たかが1点差というなかれ。この1点が何倍にもなる力の差なのです。惜しい試合ではないのだ。むしろ惨敗と考えてもらいたい。
画像

画像


さて明日は本拠地最終試合の64試合目です(振替試合含)勝利で締めくくり足取り軽く帰りたいものです。

それでは明日の勝利を願いましてーーー

レッツゴーーー ジャイアーーーンツ

勝ちとれ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック