9月12日 巨人VSヤクルト 勝ち試合をドロー

ジャイアンツファンのみなさんこんばんは。吉川の好投も空しく何とか勝ちを拾いたかったが山口の独り相撲で台無しの試合になりそうだった。確かに打線の良いヤクルト相手で相性も余り良くないが数々のサヨナラチャンスをモノに出来なかった今のチーム事情に落胆してしまった。それでは試合を振り返ります。
画像

画像

画像

ジャイアンツ先発は吉川。ヤクルトはブキャナンでした。吉川は何と7回1安打無失点文句無しのピッチングでした。ブキャナンも3安打無失点ナイスピッチングでした。問題は山口俊です。先発でもダメ中継ぎでもダメでは居場所がないだろう。クビも時間の問題ですね。何とか働かせてやろうと言う首脳陣の温情に応えられない。チームの事情によりの配置転換だが僅か1回すら抑えられない。どう言う気持ちで投げているのだろうか?メンタル弱過ぎ!
画像

画像

画像

一方打撃陣はマギーの狙った一発のみでした。一二の三のタイミングで打つマギーにズバリタイミングが合ったのだろう。でもナイスバッティングでした。散発の7安打だったがチャンスはたくさんあって特に慎之助のチャンスでの投ゴロは痛かった。左ピッチャーならどんなヘボ投手でも通用してしまう。らしくないバッティングでした。プレイ的には5回裏の攻撃が肝だったかも知れない。マギーがHRの後に亀井が四球。田中が送りバントの構えを見せたが強行策。前日の出会い頭HRがあったのでひょっとしてと言う浅はかな期待で打たせた。送っておけば次のゲッツー製造打者の小林のゲッツーはないので吉川で終わって6回は1番からでいい攻撃が出来た。ちょっと考えればわかると思いますが。
画像

画像

勝てる試合だったが負けなかったと言うのは評価すべきだと思いますが、こう言う試合になれば明らかに有利なはずなのだが勝ちきれないと言うのはヤクルトよりも下にいる原因だろう。

それでは明日の勝利を信じましてーー

レッツゴーーー ジャイアーーーンツ

勝ちとれ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック