9月16日 巨人VS中日 投打噛み合い過ぎで大勝

ジャイアンツファンのみなさんこんばんは。久々に投打がかみ合い過ぎてぼろ勝ちでした。勝つ時はこう言う勝ち方だがチョット先制されると逆転して勝つと言う根性野球が余り出来ない。その辺が上位にいられない理由の一つでもある。と言う事で試合を振り返りたいと思います。ジャイアンツ先発はチョットブレークした今村。中日はもう全盛期をとうに過ぎて肩を叩かれても不思議ではない吉見。まあ打って当たり前と言ったらそれまでだが、打てたのでまだジャイアンツ打線も少し捨てたもんじゃ無いと思います。
今村はたった5回しか投げていないのに9安打と打ち込まれたが今日は粘りの投球で2失点。ランナーが出ると神経質になり球数が増え、自滅して行く最近の投手陣に比べればランナーを背負いながらもピンチを切り抜けて抑えたのは良かった。後の投手は若干緊張感が有ったが後半は大量リードなので気楽に投げられて当たり前でまた抑えるのも当たり前でした。特に大した事ではない。
画像

画像

画像

一方打撃陣は意外や意外の重信が先制HRはびっくりです。パンチ力がついたのでしょうか?昔の橋本を思わせるバッティングでした。何かコレと言うのを掴んだのだろうか?成長したと言える。それから常に出て居れば間違いなくそこそこ打ってくれるだろう慎之助はさすが満塁HR。まだ必要な選手です。あとは岡本がチョット当たってなかったですがここまで4番の働きをしてきたのでこう言う時もあるだろうが何かやってもらいたいのです。貫禄が出てくれば四球も多いし。でもそれなりの選球眼は必要だ。三振が多すぎるのがまだまだ真の4番として迎えられるのだがもう少し修行が必要である。
画像

画像

画像

画像

画像

とにかく今日は久しぶりの快勝という事でジャイアンツファンのみなさんは帰宅も足取りも超軽かったと思います(笑)たまには安心して見られる試合を魅せてもらいたいですね!

それでは明日の勝利を願いまして

レッツゴー ジャイアンツ


勝ちとれ
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック