7月4日 巨人VS横浜 序盤で試合決する

ジャイアンツファンの皆さんこんばんは。昨日の逆転勝利に気を良くしたのも束の間またしても田口が大量失点でノックアウト。本来ならファームに落ちて当然だが落とせない今のピッチャー陣の現状。何点取っても取られても結果終わってみれば敗戦なのでどうでもいいだろう。でも結局は中継ぎがいつも通りに炎上して惨敗となってしまう。澤村は相変わらず顔がパンパンで少しは痩せた方が体のキレも出てくるだろうと思います。よしこれからと言う時にピッチャーがこんな感じじゃ打撃陣もやる気が出ない。去年働いてない澤村だったがいっそのこと今年も働かない方がチームの為だったかもしれない。昨日は危険球退場が功を奏したあのまま投げてりゃまた惨敗でした。ピンチで出てきたマシソンはよく投げたと思います。気合いが入っていました。これぐらい真剣に投げてくれたらありがたいです。
画像

画像

画像

画像

画像

一方打撃陣は何打席凡退かなんか知らないが使い続ける采配。まさに暴挙と言うしかない。4番が打ってこそ試合に勝てるのが普通。ベンチにこいつより打つのが一杯いるだろう。何かと言われるかもしれないがやっぱり慎之助が居ないと打線がショボすぎる。特に近年2番の役割が重要視される。どうせバントなんかしないんだから2番はセカンドのマギーで充分。村田の代わりに1軍に定着された岡本は村田がいないから競争相手がいないので気が緩んでいる。サードは岡本。ファーストは慎之助だ。あとは亀井、長野、陽でいい。まあ優勝する気はさらさらないのでもうどうでも良いが、高い金払って見に来てるんだからスター選手というか打てそうな選手を使うのが攻めてものファンサービスだと思う。1.5軍の選手なんか見たくもない。
話がちょっと逸れました。すいません。話を戻します。
画像

画像

結局は9安打も放ち横浜とは遜色ないのにこの結末では首脳陣の頭の悪さに唖然だろう。救いは悪球打ちが得意な長野のツーランやさすが慎之助だなと思わせるタイムリー。長野はどんなコースでも打てるので意外とバッテリーは読めずなんか打てれてしまう不思議さがある。慎之助にしても毎日ピンチヒッターで出ればもっと打てると思うがたまにでは威圧感も薄れる。ピッチャーは右左問わずに使うのが慎之助への気配りというか信頼だろうと思う。まあ由伸にはそれは無いに等しいと思うが………。
画像

今日は惨敗、イヤ今日もヨコハマに惨敗。いい加減にして欲しいものである。

ジャイアンツファンの皆様、数々の苦言お許しください。

それでは明日も負けるとは思いますが声援を送りたいと思います。

レッツゴージャイアンツ 勝ちとれ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック