7月3日 巨人VS横浜 あわや中継ぎが試合をぶち壊し

ジャイアンツファンのみなさんこんばんは。またしても不甲斐ない試合にファンの方のハラワタが煮えくり返っているに違いない。相変わらず広島には手も足も出ないが何とか中日には勝ち越していい流れで来たがそれも幻だったのだろうか?この暑い時期にドーム球場であると言う環境のアドバンテージがある。本拠地は有利で無ければならないが大きく負け越している横浜にあわや逆転負け。まあこれも監督としての向き不向きの違いで致し方ないがどうにも納得がいかないのである。先発の鍬原にしても丁寧に投げているようで投げていない。ボール球も多いし球速も遅い。ちゃんと腕が振れていないのは明らかだ。誰をマークしたら良いのかなんて事は考えなくても分かる。ましてやHRを打たれたのは2割4分くらいしか打っていないへなちょこに完璧に捉えられている。失投というかコントロールがなっていない。残念でならない。それよりもっと残念過ぎるのは谷岡のピッチングせっかく同点にしたのにあっさり逆転される。準備が出来ていたのだろうか甚だ疑問。こんな中継ぎではもう優勝は諦めているがせめてCS進出ぐらい何とかと思う。緊張感がないと言うか絶対抑えると言う気持ちが足り無さすぎる。普通ならピンチの時とかいい攻撃のあととかに回って来たらよしやってやると言う気持ちでマウンドに立つのがプロだろう。しかしジャイアンツの投手陣は目が泳ぎどうしよう、困ったなぁってな感じになっている。精神論を言うのは今の時代違うと思うがファイティングスピリッツが余りに欠如していると思います。誰かいないのか?いないのだろう。そして打撃陣ですが横浜バリオスに5回までノーヒットでした。どいつもこいつも早打ちや初球打ちのオンパレードで外人投手しつこく行けば絶対に簡単に崩れて行くに決まっている。ベンチの方針はどうなっているのだろうか?ともあれ坂本の起死回生のツーランはお見事です。狙っていたかも知れない。素晴らしいバッティングであった。もっとも流れを変えたのは大城のヒットだろうと思う。それまでノーヒットに抑えられていたがこれで少なからずバリオスの気が緩んだ。又、陽もムラの多いバッティングだが乗ってくるといいが乗ってくるまでが時間が掛かり過ぎるので当てにできない。元々、力があるのは分かっている宇佐見もケガが心配でフルに働けない。大城も宇佐見もポジションを奪えるのは今しかないと言う危機感があればもっといいプレイが出来て不思議ではない。
色々言いましたが横浜に逆転勝ちした事は非常に嬉しい!とにかくあの品のない応援には辟易しているので徹底的に打ち砕いて勝利してくれるのが楽しい。明日も絶対勝ってスカッとしたいです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

それでは明日の4連勝を祈りましてーーーー

レッツゴーーーー ジャイアーーーーンツ

勝ちとれ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック