6月22日 巨人VSヤクルト 前半でほぼ勝利を決める

ジャイアンツファンのみなさんこんばんは。久しぶりにドームに帰って来ました。マリンで嫌なサヨナラを食らってしまったがカミネロではこれから日常茶飯事的な事になりのでファンの皆様も心して見たほうがいいと思います。交流戦奇跡的に強かったヤクルト相手ですが菅野という事とドームで投げれるのがいい方向に持って行けるだろうと思う。この日はTokyoシリーズという事でジャイアンツもビジターユニホームで対戦です。またそのビジターユニホームもプレゼントという事でいつもよりは若干観客も多めになっているが立ち見が多いのがたまにキズとでも言っておこう。それでは試合を振り返りたいと思います。
画像

画像

画像

画像

ジャイアンツ先発は菅野。ヤクルトは山田大でした。やっと安定感が出て来た菅野でしたが課題でもある立ち上がりの悪さを出してしまったがピンチになればなるほどギアが上がる。初回の満塁をゼロに抑えたのは大きいピッチングだった。これで力が抜けてその後のピッチングに影響したのだと思います。そして西浦にツーランを打たれたのは反省すべきだが安心して見てられました。そして昔よく言われた多分勝利の方程式カミネロがおかしくないと思ったらマシソンが打たれまくり、外人ピッチャーはランナーが出ると別人の様に突然乱れる傾向にある。もうベテランの域に達したマシソンも毎年毎年同じ事の繰り返しで学習力のへったくれもありゃしない。確かにここまで貢献はしてくれていて有難いがもう一人と同じでもう終わりにした方が賢明だ。
画像

画像

一方打撃陣ですがヤクルトのこの程度ピッチャーで有れば打てて当たり前だ。試合的にはこの序盤の特典が有れば菅野なら勝利はほぼ確定であった。とは言えこの発言は東京ドーム限定の話でビジターで有れば何が起こるか分からない。やはり坂本がトップバッターで塁に出ると得点の確率が高いと思う。特に取られた後の8回裏の坂本のHRは大きいHRだった。これが無ければまたしてもカミネロが打たれてサヨナラ負けでした。元来引っ張りの坂本なのでレフト方向へのHRは本来の坂本のバッティングである。強く振れれば間違いなくもっともっとHRは量産されるであろう。亀井や長野もいい働きをした。やはり試合に出ないと亀井は特にダメだろうと思います。使えばそつなく働く亀井。ほぼ初球打ちの長野もじっくりと構えて打つと相手投手は辛い。せめてランナーがいる時は考えて打ってほしい。マギーは不振で2軍に落とされそうになり尻に火が付いたのか4安打と何故か打ち出した。毎日2軍に落とすと言ってれば働くかもしれない(笑)
画像

画像

交流戦何故か奇跡的に強かった初戦を勝利したのは大きい。明日の山口も少し気が楽に投げられるだろうと思います。何とか連勝勝ち越しとなってもらいたいです。

それでは明日の勝利を願いましてーーー

レッツゴーーージャイアーーーンツ

勝ちとれ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック