5月29日 巨人VS日ハム 簡単に負けて昨年悪夢再来か?

ジャイアンツファンのみなさんこんばんは。本日から交流戦が始まりました。初戦ぐらいは勝って連敗脱出となる予定でしたがなす術無く呆気なく負けてしまった。またしても嫌な予感がしなくも無い。連敗街道まっしぐらになってしまうのか。菅野でも勝てなきゃ誰が勝つんだろう?ヘタすりゃ13連敗ぐらい行ってしまうのでは。万年Bクラスの危機さえ感じてしまう。それでは試合を振り返りたいと思います。
画像

画像

画像

ジャイアンツ先発は山口。日ハムはマルチネスでした。相変わらずどこか甘い山口がツーランを2発も打たれるだらし無さ、一方日ハムの外人はソツのないピッチングでソロ2発打たれてはいるがピッチング自体は悪くない。山口は100球を超えても未だ150キロ近い力のある球を投げ込んで来ます。でもちょっとしたコントロールミスを逃さない日ハム打線ダテにパリーグ2位ではない証拠でしょう。やはり先制されるともろい今のジャイアンツは苦しい戦いが多い。確かに打線は良いが何かが足りない。それは粘り強さでは無いだろうか?日ハム打線殆ど初球から振ってこない。投手攻略のカギは如何に球数を放らせるか。これに尽きると思います。バッターがどう言う指示で打っているかはわからないが何の策もなく個人に任せているようにしか見えない。泥沼にはまってもがきながら出た途端足を滑らせてまた泥沼へ。そんな気さえします。
画像

画像

初球攻撃はどんな時だろうと考えると押せ押せの時やチャンスの時であればいいかもしれない。でもランナーが居ない時はじっくり見て粘りのバッティングをしないと攻略出来ないと思う。それを簡単に初球を打つベテランや外人がそんなだから他の若い連中もそれが積極性と勘違いして凡退してしまう。もっと言うと打席での余裕がないので追い込まれると大体三振が多い。ボールとストライクの見分けが甘いからです。
もっと食らいついて行かないとパリーグ相手ではかなり厳しい戦いになるのが目に見える。
画像

画像

また、気のせいか分からないがオレンジユニ勝率が悪い気がするがどうなんでしょうか?ユニのせいにしてはいけないか(笑)結局はソロHR3発で終わってみれば2点差で見せ場はチョット作った感じの試合でしたが惜しい試合ではお話にならず勝ってもらわなければどうしょうもない。相変わらず良い人のマシソンは優しいので相手に点を上げてしまう。ランナーがいなけりゃ日本一の中継ぎ投手です。まあ、愛のある文句はこれぐらいにしておきましょう。さて明日は吉川です5回持つかどうかがカギである。日ハムは上沢だけに苦戦しそうな気がします。何とか連敗脱出してもらいたいですよね。

それでは明日の勝利を願いましてーー

レッツゴー ジャイアンツ

勝ってくれ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック