4月11日 巨人VS横浜 敗北の方程式で大逆転負け

ジャイアンツファンのみなさんこんばんは!連夜の逆転負けで観戦モチベーションが下がったファンの方がたくさんいると思います。誰が8回ツーアウトから4失点を想像しただろうか?澤村はランナーが出ると途端に腕が振れなくなる。打たれるのではないかと言うイップス。ドームなんだからもっと自信を持って投げれば打たれるはずが無い。自信なさそうになってるから打たれる。逆にマシソンは良かった。誰かがいいと誰かが悪い。中々上手くいかないもんです。そして今や、敗戦の方程式となりつつある中継ぎ陣の先発からの上原又は澤村。でもいい時もあるが悪い時もあるのであんたらしか居ないんだから気合いを入れ直して投げるしかない。まだ始まったばかりだ。それから先発の吉川はこれまでに比べたらまあまあいいピッチングであった。横浜の平田もよく投げたと思います。
画像

画像

画像

画像

画像

そして打撃陣ですが見せ場は作るがもうひと押しが足りないのは事実です。横浜に比べると見劣りしてしまう。もっと楽に打席に立って打てないものか?打つ方にしてみれば折角逆転したのにあっさりと点を取り返される。まあこれはたまったもんじゃない。投打がかみ合ってないので勝てるわけがない。
超重症なのはゲレーロで4番が1打点と言う体たらくには呆れてしまう。中日時代には打てていたのは相手ピッチャーがしょぼいから。この早い時期にまさかスランプではないと思うが打てないなら何をすべきかよく考えろと言いたい。それから世間様ではオカモトが覚醒なんて言ってるが大きな間違いです。
とにかく全部同じ振りでおまえはHRバッターかと言いたくなる。まあ三振かHRならば良いが三振か見逃し三振では頭が悪い。やはり普通は追い込まれたらグリップ一つや二つ短く持ってチームバッティングが当たり前だ。強く振りすぎているのでブレーキが利かずちょっと変化球が来ると対応できず空振り。逆にストレートが来ると体がブレて芯に当たらない、悪循環。コーチもバッティングたるものは何か吉村が教えてやれと言いたいです。またトップの立岡もイマイチすぎる、もっとキチンと振りきれと言いたいなんか中途半端なスイングばっかりだ。せっかくの陽が怪我で出番が回って来たんだからもっと必死にやれ。本来は2軍の選手なんだから!一つ言い忘れてしまったが小林改心した。ナイスバッティングです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

今回かなり厳しい意見を言いましたが誰もが思ってる事だと思います。これもジャイアンツを愛する上の意見なので皆さんお許しください。

それではあしたのしょうりをねがいます。

レッツゴージャイアンツ勝ちとれ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック